メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゲノム編集

脳や目など分裂しない細胞も…理研マウス実験

 理化学研究所や米ソーク生物学研究所などのグループは、神経細胞など分裂が止まったマウスやラットの細胞に、狙ったとおりの遺伝子を組み込むゲノム編集技術を世界で初めて開発したと発表した。従来の手法では、分裂する細胞しか組み込めなかった。生物学研究所の鈴木啓一郎研究員(分子生物学)は「脳や心臓、目などの分裂しない細胞が関係する遺伝病の治療に応用できる可能性がある」と話している。

 成果は16日付の英科学誌ネイチャー(電子版)に掲載される。

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文489文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. 新天地へ・日ハム本拠地移転 /上 札幌ドームに強い不満 自由な経営選択 /北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです