ゲノム編集

脳や目など分裂しない細胞も…理研マウス実験

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 理化学研究所や米ソーク生物学研究所などのグループは、神経細胞など分裂が止まったマウスやラットの細胞に、狙ったとおりの遺伝子を組み込むゲノム編集技術を世界で初めて開発したと発表した。従来の手法では、分裂する細胞しか組み込めなかった。生物学研究所の鈴木啓一郎研究員(分子生物学)は「脳や心臓、目などの分裂しない細胞が関係する遺伝病の治療に応用できる可能性がある」と話している。

 成果は16日付の英科学誌ネイチャー(電子版)に掲載される。

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文489文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集