メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビューシリーズ・番組論

/3 TBS 今見たいドラマを、視聴率は目安

伊與田英徳プロデューサー

 かつて「ドラマのTBS」と呼ばれた時代があった。「半沢直樹」などで復調をけん引する伊與田(いよだ)英徳プロデューサーにヒット作の条件を聞いた。

 --自身の原点となる作品は?

 プロデューサーとして初めて手がけた映画「命」とドラマ「ブラックジャックによろしく」。「ブラックジャック」は大学病院のやり方にメスを入れる内容だけに、TBS社員は病院に行けなくなるんじゃないかと思ったが、原作漫画の内容がよく、オブラートに包まず突き進んだ。野球でいえば、怖いもの知らずの新人がインコースに直球を投げるようなもの。今の若い世代も怖いもの知らずで面白い。

 --現在放送中の「逃げるは恥だが役に立つ」が2桁視聴率を記録しています。

この記事は有料記事です。

残り1145文字(全文1452文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです