メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーマインド

次世代さらなる躍進期待=柱谷幸一

 サッカー男子のU19(19歳以下)代表が10月のアジア選手権で初優勝し、来年5月に韓国で行われるU20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)に5大会ぶりの出場を決めた。内山篤監督は大学の一つ上の先輩。寮で同じ部屋で親しくさせてもらっていた。本当におめでとうと言いたい。

 この世代はJリーグでレギュラーを取れないことが多く、試合経験を積めない状況が続いた。今回は中山(柏)と冨安(福岡)の両CBが所属クラブでレギュラーをつかみ守備が安定していたため大会を通じて無失点の堅守を確立し、優勝につながった。

 背の高い選手はスピードやパワーが付いていないため、身長が低くても速い選手を使わざるを得ないことが多…

この記事は有料記事です。

残り567文字(全文866文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです