外国人技能実習制度

介護職に拡大へ 実習適正化法成立 入管法も改正

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 発展途上国の労働者が日本で技術を学ぶ「外国人技能実習制度」の適正化法は18日午前の参院本会議で与野党の賛成多数で可決、成立した。日本で介護福祉士の国家資格を取得した外国人が継続的に働けるよう、在留資格に「介護」を設けることを柱とした改正入管法も成立。いずれも公布日から1年以内に施行される。

 政府は、適正化法の施行と同時に技能実習の職種に「介護」を追加する方針。人手不足の介…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文471文字)

あわせて読みたい

注目の特集