メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都、新たに130人以上感染 累計1000人超え 新型コロナ
干し柿の菓子

高松・三友堂の「木守」 愛され80年 利休ゆかりの看板商品 /香川

地元で長く愛される「木守」=高松市の三友堂で、山口桂子撮影

 高松市片原町の老舗和菓子店「三友堂」の「木守(きまもり)」が、地元で長く愛されている。秋にできる干し柿を用いた伝統菓子で、その名の由来は、来年も良い実がなるようにとの願いを込めて柿の木に一つだけ残す「木守り」だ。【山口桂子】

 三友堂は1872年創業。20種類ほどの和菓子を製造、販売している。木守(6個入り、1037円)は看板商品の一つで、干し柿をつ…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文440文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  2. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  3. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

  4. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  5. 「要請」なのに罰則? ドイツから帰国した研究者が日本の「水際対策」に感じた違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです