メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野良猫探索システム

「ねこでる」サービスを開始 殺処分ゼロ目指し崇城大と動物病院 /熊本

TNR活動の意義を訴える徳田院長(左)と和泉助教

 崇城大と竜之介動物病院(熊本市中央区)は17日、撮影した野良猫などの写真をインターネット上に投稿して、生息域を把握するウェブ上の新システム「ねこでる」の運用を始めたと発表した。野良猫の生息域などの実態把握を通して去勢不妊手術を施し、野良猫の殺処分ゼロを目指す。

 「ねこでる」は崇城大情報学部の和泉信生助教の研究室が開発。市民が地域で見かけた猫をスマートフォンなどで撮影し、位置情報や既に不妊治療がされているかなどを「ねこでる」に投稿する。10日…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文559文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  2. 3歳娘を自宅に8日間放置し死なす 育児放棄の疑いで母を逮捕 警視庁

  3. 伊藤詩織さんへのデマやバッシング 荻上チキさんの70万件分析で見えた傾向

  4. どう防ぐ ベビーシッターによる性犯罪 「見抜けなかった…」絶句する母

  5. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです