メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

「内紛」揺れる政権移行 降格・解任、娘婿が介入か トランプ氏は否定

 米国のドナルド・トランプ次期大統領の閣僚人事などを巡り、政権移行チームが「内紛」に揺れていると米メディアが報じている。トランプ氏の家族、共和党主流派系、反主流派系の3勢力がしのぎを削っている模様で、今後内部でさらに対立が深まる可能性もありそうだ。【ワシントン西田進一郎】

 「(政権移行チームは)とても順調にいっている」

 トランプ氏は16日、政権移行チームの内紛を伝えた米紙ニューヨーク・タイムズ紙の記事を「完全に間違っている」と批判し、チームや閣僚人事などが問題なく進んでいると強調した。15日夜にも「人選はきちんと行われている。最終的に誰が選ばれるかを知っているのは私だけだ」と強調したばかりで、「内紛」報道へのいらだちは明らかだ。

この記事は有料記事です。

残り917文字(全文1235文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 西武、異例の8人リレーで最少失点 二回にリリーフの中塚「正直びっくり」

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです