メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

経済成長と長時間労働=ワーク・ライフバランス社長・小室淑恵

 大手広告代理店の女性新入社員が過労自殺した問題を受け、経団連から過重労働の防止を徹底する呼びかけが出された。しかし、一部では労働時間への一律な上限規制は経済の発展を妨げるのではないかという声も高まっている。

 経済成長には長時間労働が必要なのだろうか。日本が「人口ボーナス期」にあった1960年代~90年代半ばごろ、確かに長時間労働は経済発展に必須の構造だった。人口ボーナス期とは、生産年齢比率が高く、高齢者比率の低い時期をさす。中国・韓国・シンガポールやタイが、現在人口ボーナス期だ。安い労働力を武器に「早く・安く・大量に」で世界の市場を凌駕(りょうが)し、高齢者が少ない…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  2. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  3. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです