メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

家族が心を病んだ時

/中 訪問看護で暴力和らぐ

訪問先について意見交換するスタッフ=東京都立川市の訪問看護ステーション「卵」で

 <くらしナビ ライフスタイル>

 もう、30年も前のことだ。埼玉県精神障害者家族会連合会の会長を務める飯塚寿美さんの息子は、中学校の成績がどんどん下がっていった。おかしいと感じたが、高校受験のストレスだと思った。懸命に励ましなんとか入学できたが、ほとんど登校できなかった。「空っぽの高校生活を送らせた」。後悔が今も胸を締め付ける。

 異変に気付いてから4年後。家で暴れたのがきっかけで初めて受診した。心の問題とは感じたが、精神疾患と…

この記事は有料記事です。

残り2186文字(全文2401文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. 解嘱の「いばらき大使」が肩書詐称認める 「見え張って」名刺に架空の「会社代表」

  4. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  5. ミス連発、まさかの最下位 紀平「調整ミス。体が動かなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです