メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京の野菜

朝どり「都産都消」拡大狙い普及協会設立

「近場にもおいしいものがありますよ」と東京野菜をPRする本多さん=小松やしほ撮影

 野菜がおいしい季節になった。野菜は鮮度が命。農家から店頭へ直送することで取れたての味が楽しめる東京産の野菜が注目されている。その魅力を広く知ってもらおうと、大田市場(東京都大田区)の仲卸業者が中心となって「東京野菜普及協会」を設立。「地産地消」ならぬ「都産都消」を掲げて販路拡大を狙う。【小松やしほ】

 代表理事の本多諭さん(45)は大田市場で60年以上続く仲卸会社「大治」の3代目社長。本多さんが東京…

この記事は有料記事です。

残り1172文字(全文1373文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 岐阜中3自殺 市教委いじめ認め謝罪「寄り添えていなかった」

  4. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

  5. 奈良で不明の女子高生保護、誘拐容疑で姉ら男女3人を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです