メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪急バス運転手

車庫に乗客置き去り…速度超過も

 阪急バス宝塚営業所(兵庫県宝塚市)の50代男性運転手が今月12日夜の運行終了後、寝ていた乗客に気づかず車庫にバスを入れ、乗客を車内に置き去りにして帰宅したことが18日、阪急バスへの取材で分かった。運転手は車庫に向かう途中、喫煙しながら運転し、最高で14キロの速度超過もしていた。

 阪急バスがドライブレコーダーを調べると…

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文354文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです