阪急バス運転手

車庫に乗客置き去り…速度超過も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 阪急バス宝塚営業所(兵庫県宝塚市)の50代男性運転手が今月12日夜の運行終了後、寝ていた乗客に気づかず車庫にバスを入れ、乗客を車内に置き去りにして帰宅したことが18日、阪急バスへの取材で分かった。運転手は車庫に向かう途中、喫煙しながら運転し、最高で14キロの速度超過もしていた。

 阪急バスがドライブレコーダーを調べると…

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文354文字)

あわせて読みたい

注目の特集