花園ラグビー場

改修に30億円交付金…年明けにも工事

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

W杯・増額分めど

 2019年のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の会場の一つとなっている東大阪市花園ラグビー場で、大規模改修にかかる約72億円を確保するめどがつき、市が年明けにも工事を始める見通しになった。市は当初、約41億円をかけて改修をする予定だったが、W杯の主催団体が追加工事を要求。約30億円とされる増額分は国の交付金などで賄うことが決まり、W杯に向けた整備が本格的に動き出す。

 市は国際試合に対応するため、今年3月、競技場の北側に新たに座席を設けることや、照明設備や大型スクリーンを設置する改修工事費として総額約41億円を計上。しかし4月に現地を視察した主催団体がその後、ドーピング検査をする部屋の設置や照明の明るさを増すなど追加の工事が必要と指摘していた。

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文567文字)

あわせて読みたい

注目の特集