メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

維新

強める政権接近 大阪万博誘致など狙い

日本維新の会の政権への接近ぶり

 日本維新の会の政権寄りの姿勢が目立っている。今臨時国会では2016年度第2次補正予算案に賛成したのに続き、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)承認案の衆院採決にも賛成した。25年国際博覧会(万博)の大阪誘致など党の政策を実現するため、政権に接近することが得策とみているためだ。

 もともと維新は、政権に対して「是々非々」を掲げ、民進、共産、自由、社民の野党4党共闘を「反対一辺倒の旧来型野党」と批判してきた。

 今国会ではさらに政権との距離を詰めている。馬場伸幸幹事長らは自民党の二階俊博幹事長と繰り返し会談。17日も片山虎之助共同代表や馬場氏らが菅義偉官房長官と首相官邸で会談し、沖縄振興関連の税制改正を要望した。

この記事は有料記事です。

残り670文字(全文978文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  4. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです