メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関西同友会

万博建設費、新たな集金策提案

 関西経済同友会の蔭山秀一代表幹事(三井住友銀行副会長)は17日の定例記者会見で、2025年の大阪誘致を目指す国際博覧会(万博)の建設費について、新たな集金策を提案した。万博の開催予定地「夢洲(ゆめしま)」でカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致も検討されていることに着目し、IRの事業者が数十年にわたり支払う土地や…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文398文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  2. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです