メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうなる米国経済

識者に聞く 金融政策への影響懸念 アラン・ブラインダー氏 元FRB副議長

元FRB副議長のアラン・ブラインダー氏=米ワシントンで2016年11月15日、清水憲司撮影

 --米大統領選でトランプ氏の対抗馬だったクリントン氏の経済顧問を務めました。

 ◆総得票数ではクリントン氏が上回ったように、多くの国民はトランプ氏ではなく、クリントン氏を選んだことは理解してほしい。トランプ氏は有権者の間にある怒りを利用した。1990年代と異なり、怒りは日本ではなく、(米国向け輸出が多い)中国やメキシコに向かっている。有権者はトランプ氏の敵対的な姿勢に共鳴し、欠点には目をつぶってしまった。

この記事は有料記事です。

残り894文字(全文1098文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 全政府統計の6割強不適切 プログラムミス、ルール違反、公表遅延など
  3. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  4. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  5. ペイペイ不正利用 愛知県警が全国初摘発 PCなど詐取 容疑で栃木の男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです