メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

’16秋/5止 田中熙巳さん(84) 核禁止、目の黒いうちに

日本被団協事務局長として、核廃絶運動に奔走する田中熙巳さん=東京都港区で2016年10月19日、根岸基弘撮影

 <記録報道の10年 documentary report 209>

 日本時間10月28日。国連総会第1委員会(軍縮)は核兵器禁止条約の交渉を2017年に始めるよう求める決議をした。その日、田中熙巳(てるみ)さん(84)は高校の同窓会で長崎にいた。会場を後にすると、すぐに日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)の事務局長としてマスコミの取材に応じ始めた。「本当に動き出した」と感慨を伝えるとともに、決議に反対した日本政府には「情けない」と憤りを隠さなかった。

 07年5月、ウィーンで開かれた核拡散防止条約(NPT)再検討会議第1回準備会合。自ら望んで、初めて…

この記事は有料記事です。

残り1060文字(全文1340文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 覆面レスラー「議会に新風」信州プロレス代表・グレート無茶氏、長野市議選トップ当選

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  5. 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです