メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ大学訴訟

27億7000万円支払いで和解

 【ニューヨーク國枝すみれ】ロイター通信によると、ドナルド・トランプ次期米大統領は18日、自身が創設したセミナー講座「トランプ大学」を巡る集団損害賠償訴訟で、総額2500万ドル(約27億7000万円)を支払って和解することで合意した。

 「不動産投資で金持ちになる方法を指南する」との触れ込みで市民を勧誘したトランプ大学の実態は「金集めが目的だった」として、ニューヨーク州とカリフォルニア州などで受講料を支払った約6000人の元受講生らが、連邦裁…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文557文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  2. 男子中学生が転落死 インフルエンザで療養 広島 /広島

  3. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  4. 都立高部活 顧問教諭の動作で前歯2本折れ 元女子生徒が提訴

  5. 「世界に風穴を開けるのは発達障害」 自身もアスペルガーのカウンセラー「グレタ現象」を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです