メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
スマホ

ゼロ円に歯止め 総務省、端末「下取り値以上」

総務省が公表した「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」の概要

 総務省は18日、スマートフォンを巡るガイドライン(指針)の改正案を正式に発表した。改正案は新型スマホ端末が過度な値引きで実質ゼロ円で販売されることがないよう「2年前の同型機種の下取り価格以上」で販売するよう求めた。これにより、端末の購入価格は現在より高くなる可能性がある。実質ゼロ円販売を巡っては、同省と携帯大手3社が「いたちごっこ」を続けてきた経緯がある。指針改正で端末価格の正常化が図れるか、実効性が問われることになる。

この記事は有料記事です。

残り1326文字(全文1539文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  2. 日韓外相、元徴用工問題で「意思疎通の継続」一致

  3. 日中韓外相でも日韓が火花 韓国、輸出規制撤回要求 日本「不適切」

  4. 京都市内ホテル 外国人比率、過去最高 上半期の宿泊状況 /京都

  5. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです