連載

どうなる米国経済

毎日新聞デジタルの「どうなる米国経済」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

どうなる米国経済

識者に聞く 「保護主義」現実的に困難 小林栄三氏 日本貿易会会長

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
小林栄三氏
小林栄三氏

 --トランプ氏勝利の受け止めは。

 ◆格差社会の広がりへの不安や怒りを抱える米国の民意が大きかったということを意味すると思う。また、幅広い層からの支持を得たという報道もあるので、(貧困層だけでなく)富裕層を含めて変革を求めているのが現在の米国の姿だと捉えることができる。一方で、新政権の政策への不安の声も多く聞くが、トランプ氏は実業家だ。実業界の人間は、理想のみでなく、現実にしっかりと即してものごとを決めていく。勝利してからのトランプ氏の発言はバランスの取れた穏健なものとなっていることから考えても、大統領就任後は、現実的で柔軟な政策を立案し、実行していくのではないか。

 --米国経済はどうなると見ていますか。

この記事は有料記事です。

残り674文字(全文980文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集