メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

ニコン シラク氏も知っていた

同社初のカメラ「ニコン1型」

 大手カメラメーカーの「ニコン」は来年、創業100周年を迎える。1917年設立の「日本光学工業」が88年に改称。48年に同社が初めて発売したカメラが社名の由来だ。

 日本光学工業は光学機器の国産化を進めたい国の意向を受け、三菱合資会社社長の岩崎小弥太氏の出資を得て設立された。当初は双眼鏡や顕微鏡、望遠鏡などを製造していた。

 ニコンの名称は、48年発売のカメラ「ニコン1型」で初めて使われた。日本光学工業の略称「NIKKO(ニッコー)」に、語呂を整えるために男性的な印象を与える「N」を語尾に付けた。「カメラは将来の主力製品。男性的で力強いニュアンスを与えたかった」(広報)という。開発段階では「小型」を意味する語尾を付けた「Nikorette(ニコレット)」の仮称があったが、「印象が弱い」との意見が社内で多く出たため、採…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. 山下達郎さん、ライブ映像を初配信へ 「再びライブができるまで違う可能性を」

  3. 委員会出席の区議に職員がお茶出すべきか 14年余も結論出せない豊島区

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 女子生徒にわいせつ行為、トイレに落書き「すけべやろう」 教諭ら懲戒処分 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです