メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

沼野充義・評 『異境の文学-小説の舞台を歩く』=金子遊・著

 (アーツアンドクラフツ・2376円)

文学評論に一筋の新風もたらす注目作

 これまで映像作品や、映画論、そして民族誌的な評論で異彩を放っていた書き手による、初めての文学評論集である。著者の姿勢ははっきりしている。小説のテキストを丹念に読みながらも、場所にこだわった独自の「エスノグラフィー」(民族誌)的な姿勢で作品とその言語に向き合い、さらに多くの場合、自分が論じている文学を生み出した場所を自らも歩いてフィールドワークする--金子氏は中島敦の文学を追ってはるかパラオまで旅したかと思えば、川崎長太郎の町はずれの「特徴的な地図」をなぞり歩く。探索は異国と、日本のいわば「近場」の両方で、並行して行われる。

 この種のアプローチは現代では必ずしも斬新とは言えないが、かと言って、じつは近現代日本文学に関して本…

この記事は有料記事です。

残り1102文字(全文1453文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  3. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  4. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

  5. 「漫画村」投稿役に猶予判決「悪質な犯行だが、被告はまだ若い」 福岡地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです