メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外芥川賞に今村夏子さん「むらさきのスカートの女」
新興感染症

20年、国内で広がると…経済損失2.7兆円

雇用は58万人分減

 東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年に、中東呼吸器症候群(MERS)のような新興感染症が国内で広がった場合、日本を訪れる外国人旅行者が減少する影響だけで2兆7000億円の経済損失が生じるとの試算結果を政府がまとめた。58万人分の雇用も失われるという。このほか国内消費が冷え込むなど被害のさらなる拡大が見込まれるため、国立感染症研究所を中心に新興感染症対策の強化に取り組む。

 新興感染症は、1970年ごろから新たに見つかり、局地的、国際的に公衆衛生上問題となる感染症。MER…

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文742文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. あなたの参院選 後期高齢者に「仕送り」35万円 給与天引きで自覚薄く
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです