NPO副代表

鶴保氏のパーティー券、上限超え購入

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
パーティー券購入を巡る経緯
パーティー券購入を巡る経緯

直後、補助事業選定

 鶴保庸介沖縄・北方担当相の資金管理団体「鶴翔(かくしょう)会」が2013年に開いた政治資金パーティーで、観光振興を目的とする山梨県のNPO法人副代表の男性が、法令の上限を超える200万円分のパーティー券を、破産手続き中のホテルなど自分以外の名義で購入していたことが分かった。男性によると、購入直後に当時副国土交通相だった鶴保氏と面会。後にNPOは国交省が所管する観光庁の補助事業に選ばれた。【杉本修作】

この記事は有料記事です。

残り1668文字(全文1879文字)

あわせて読みたい

注目の特集