メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

図解で納得

癒やしのカピバラさん

世界最大のネズミ類 日本で温泉に入っているのはなぜ?

[PR]

Q. 動物園の人気者 カピバラってどんな動物?
ののか「東京都武蔵野市の井の頭自然文化園で、カピバラを見てきましたぁ!」 ギョロ「もともとマイナーな存在だったのに、10年ほど前、突然ブームがやってきたギョロ」 ののか「どうして急に人気になったんですかぁ?」 ギョロ「2005年、玩具メーカーが発売した『カピバラさん』というキャラクターがヒットしたのがきっかけギョロ」 ののか「ギョロちゃんみたいな体形ですごく癒やされましたぁ。 もっと知りたいですぅ~」 ギョロ「褒められているのか、微妙ギョ……。仕方ない、教えてやるギョロ」
カピバラは、ネズミやリスなどと同じげっ歯目で、ネズミの仲間としては世界最大です。 アンデス山脈以東の南米中北部からパナマにかけて生息し、アマゾン川やその支流など、主に水辺で暮らしています。 草食性で、ハスのような抽水植物や浮水植物のほか、果実や樹皮などを食べます。 ギョロ「のんびり見えるけど、コンドルやワニ、ピューマなどの天敵から逃げる時は、時速50~60キロで走るギョロ」
カピバラの体長は約1~1.3メートルで、体重は約50~60キロです。 カピバラの体にはいくつかの特徴があります。 ・たわしのように硬くて長い体毛 ・一直線に並んだ鼻・目・耳 ・大きくて鋭い歯 ・前足は指が4本、後足は3本、指の間には水かきがついている ギョロ「体毛はぬれても乾きやすいギョロ」 ののか「目鼻が直線に並んでいるのは、水中から少し顔を出すだけで周囲を見たり、呼吸したりするためなんですねぇ」
雌雄を見分ける時は鼻の上を見てみましょう。 「モリージョ」と呼ばれる黒いコブがあるのが雄、ないのが雌です。 ギョロ「モリージョをこすってにおいを付けるギョロ。自分のテリトリーや雌へのアピールなどの役割があるギョ」
ののか「『カピバラ』は『草原の支配者』という意味ですぅ」
ののか「動物園では、寒くなるとゆず湯に入る姿を見ますよねぇ」 カピバラには次のような習性があります。 ・群れで行動 ・泳ぎ、潜水が得意 ・日中は日なたぼっこ ・寒いのが苦手 ギョロ「交尾や排せつも水中で行う習性があるギョロ」
Q. 動物園の人気者 カピバラってどんな動物? ギョロ「ネズミの仲間としては世界最大で、原産地は南米ギョ。水中での生活に適した体形ギョロ。寒いのが苦手で、日本では温泉にも入るギョロロ」 ギョロ「ソチもチンと一緒に温泉に浸かるギョロ?」
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  2. 口永良部島が爆発的噴火 噴煙500m超 火砕流も発生
  3. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  4. あおり運転、殺意否認 地裁堺支部で初公判、「故意に衝突していない」
  5. 白イチゴ、3種類の商標登録出願 栃木県開発の新品種

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです