メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画

「しまなみ誰そ彼」が描く性的少数者の居場所

(C)鎌谷悠希/小学館 ヒバナ

 小学館のマンガ雑誌「ヒバナ」で連載中の「しまなみ誰そ彼」は、同級生からゲイであることを疑われ、からかいの対象となった高校生のたすくの物語だ。自分を偽って苦しんでいた時、謎の女性「誰かさん」と出合う。作者の鎌谷悠希さんは、男性でも女性でもないXジェンダーだと公にしている。鎌谷さん自身が直面した性の問題を、広島・尾道の自然とともに静かに描いている。【中嶋真希】

 たすくは、ゲイ男性向けの動画をスマートフォンで閲覧した履歴を見られて同級生から差別的な言葉をかけられる。たすくは自分を偽り、「きもいわ、そんなの」と思ってもいないことを口にする。

この記事は有料記事です。

残り1450文字(全文1720文字)

中嶋真希

2006年毎日新聞社入社。静岡支局、毎日小学生新聞などを経て15年10月からデジタルメディア局。東日本大震災の影響で統廃合した宮城県石巻市の小学校や、性的少数者、障害者の社会進出などについて取材を続けている。共著書に「震災以降 終わらない3・11-3年目の報告」(三一書房)がある。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. 和解のために 2021 2)変わりうる「ファクト」とは 「帝国の慰安婦」著者が指摘、「学問の政治化」

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです