ビール税

26年に一本化、55円程度に 政府・与党調整

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ビール類の税額一本化に向けたスケジュール
ビール類の税額一本化に向けたスケジュール

 政府・与党は、三つに分かれているビール類の酒税について、2020年度から3段階で見直し、26年10月に一本化する方向で調整に入った。ビールは減税となる一方、発泡酒や第3のビールは増税となる。12月にまとめる17年度税制改正大綱に具体的な税額などを盛り込み、必要な法改正などに着手する方針だ。

 350ミリリットル缶当たりの税額は現在、ビール77円▽発泡酒47円▽第3のビール28円。消費動向やメーカ…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文498文字)

あわせて読みたい

注目の特集