メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1位の横顔

第85回日本音楽コンクール/下 白岩優拓/下払桐子

白岩優拓さん

 最終回の2人は、国立音大時代の同級生。「自分のことよりもうれしい」と、互いの「1位」を喜び合った。【斉藤希史子】

 ■作曲部門(オーケストラ作品)

グレーの音で「人」描く 白岩優拓(29)=公立中教諭

 受賞作の表題は「BIRTH( バース ) 0-0( ゼロ )」。調律を4分音(半音の半分)ずらした2本のフルートが、時に共鳴し、時に対立しながら曲をリードする。「白と黒の間にグレーが存在するように、音の『ずれ』や『揺らぎ』にこそ可能性を感じる。そこに人間心理のあやを重ね、『BIRTH』シリーズとして作曲を続けてきました」

 電子オルガンを入り口にピアノや打楽器、フルートなどを習い、国立音大に入学してから作曲を志すようにな…

この記事は有料記事です。

残り944文字(全文1255文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです