メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

トランプ氏の経済政策に見当をつけた市場=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 ドナルド・トランプ政権の政策骨格は何か。まずこれに挑んだのが債券、為替、株式の3市場だ。10年ものの米国債の利回りは一挙に上昇した。そしてドル高への移行も確認された。上昇した株式銘柄は金融株であり、インフラ建設に関連する業界だった。

 投資家は明瞭に変化相に迫る。私はロナルド・レーガン大統領が当選を決めて以降の1980年の年末にかけての事態の推移を思い出した。以下4点に見られるように政策の骨格は36年後の今日よりも明快だった。

 (1)強い米国を掲げた軍事支出拡大(2)70%から50%に下げる最高限界所得税率(3)経済的規制の…

この記事は有料記事です。

残り453文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

  5. 新潟女性殺害で25歳男を指名手配 刃物で突き刺した殺人の疑い 県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです