メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフル

希少イヌワシへの感染防止へ全力 秋田

鳥インフルエンザウイルスの感染が確定し、記者会見する大森山動物園の小松守園長(中央)や県の担当者=秋田県庁で2016年11月21日、池田一生撮影

 秋田県は21日、秋田市の大森山動物園で死んだコクチョウ2羽の確定検査の結果、毒性が強い高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)が検出されたと発表した。園内には絶滅危惧種のイヌワシなど希少性の高い鳥が数多く飼育されており、同園は消毒の頻度を上げるなどして被害拡大防止に全力を挙げている。【池田一生】

 県によると、簡易検査でA型鳥インフルエンザの陽性反応が出ていた死骸の検体について、北海道大が確定検…

この記事は有料記事です。

残り810文字(全文1012文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです