特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

野党4党

共産「野党連合政権」構想で溝

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
共産党提唱の「野党連合政権」に対する3党の反応
共産党提唱の「野党連合政権」に対する3党の反応

「本気」の共産、民進、自由、社民の3党と隔たり浮き彫り

 次期衆院選を巡り「本気の共闘」を掲げて選挙協力を迫る共産党に対し、民進、自由、社民の3党との隔たりが浮き彫りになっている。共産党は来年1月の党大会で、4党による「野党連合政権」構想を正式決定する方針だが、民進党は拒否の姿勢で、自由、社民両党にも支持の動きはない。

 共産党の小池晃書記局長は21日の記者会見で、原発再稼働慎重派が自公推薦候補に勝利した新潟県知事選に触れ「各野党が、勝利のためにやれることは全てやる態勢ができた」と指摘し、衆院選について「本気の共闘の具体的内容は、それぞれの政党がお互いに候補者を推薦し合うことだ」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り663文字(全文959文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る