メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
JR北

さよなら「ぽっぽや幾寅駅」 根室線「復旧せず」

映画「鉄道員(ぽっぽや)」のロケ地となり、映画で使われた「幌舞駅」の看板がかけられたJR根室線「幾寅駅」=北海道南富良野町で2016年11月18日、横田信行撮影

島田修社長、バス転換への同意求める方向

 JR北海道は21日、8月末の台風被害で運休中のJR根室線新得-東鹿越間の復旧工事を見送る意向を、沿線の北海道南富良野町に伝えた。この区間はJR北が同社単独では「維持困難」と公表した赤字の線区に含まれ、故高倉健さん主演の映画「鉄道員(ぽっぽや)」のロケ地となった幾寅駅(南富良野町)がある。このまま廃線となる可能性が濃厚となった。

 島田修社長が21日、南富良野町を訪問し、線区の実情を説明。今後、「維持困難」の線区沿線の自治体とJ…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文569文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 清掃車とタクシー衝突、歩行者巻き込む 男性客死亡6人重軽傷 京都市

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです