メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『世界一の金属の町 燕三条の刃物と金物』

◆『世界一の金属の町 燕三条の刃物と金物』中川政七商店/編(平凡社/税抜き1600円)

 新潟県の真ん中あたりに位置する燕市と三条市は、工場(こうば)の街、金属加工の本場。この本をめくっていると、うちにもこれある、見知った姿の台所道具が幾つも登場する。工房アイザワのやかん、ミルクパン。日本洋食器の、柳宗理がデザインしたボウル、カゴ、またもやミルクパン。あるひとつのものの使い心地がいいなと分かると、同じメーカーでこれも買い足そう、と増やしていった結果だ。

 これがあれば便利だろうなあ、と思わされるものもある。ペティナイフに、カッターソー、小ぶりでもかっこいい刃物。それほどお高くないという点でも心惹(ひ)かれる。

この記事は有料記事です。

残り609文字(全文915文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  4. 生かせなかった“原爆搭載機情報” 96歳「広島に空襲警報出せていたら」

  5. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです