メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道大

モンゴル獣医学を支援 院生を派遣 /北海道

 北海道大は、モンゴルの獣医学教育を支援するため、獣医学研究科の大学院生らを国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊員として派遣する。羊や牛、馬などの家畜繁殖や感染症対策を進め、モンゴルの基幹産業の一つとなっている農牧業の技術改善を目指す。

 期間は2021年までの5年間で、1~2年の長期が1~2人、1カ月程度の短期は毎年2、3人の見込み。いずれもモンゴル国立生命科学大獣医学部に所属し、学生や獣医師らの指導を現地の教員とともに担当する。

 国土面積が日本の4倍あるモンゴルは、放牧地が約7割を占め、遊牧を基本とした牧畜民が労働人口の3割を…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文565文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです