メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

諦めはぜいたくだ=中村秀明

 <sui-setsu>

 あの人はどうしているのか、何を思っているのか気になった。米上院議員のバーニー・サンダース氏である。大統領選の民主党候補選びを最後までもつれさせた「民主的な社会主義者」だ。

 健在だった。のんびりしたり黙ったりしてはいない。

 トランプ氏当選の直後には「この国で働く家族の暮らしを向上させる政策を真剣に進めるなら、私も他の進歩的な人々も、彼とともに働く用意がある。だが、人種差別や性差別、外国人の排斥、環境を損なう政策を進めるなら、それに強く反対する」との声明を出した。

 そして、白人至上主義者と言われるスティーブ・バノン氏を新政権の首席戦略官に選ぶと、猛烈に批判した。…

この記事は有料記事です。

残り690文字(全文985文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです