メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発信箱

「福島」の伝え方=須山勉

 50歳にして、初めて海釣りをした。今月13日、東京電力福島第1原発から数キロの福島県沖で。同原発周辺で魚を釣って独自に放射線量を調べている「いわき海洋調べ隊 うみラボ」に同行させてもらったのだ。

 うみラボは福島の海を愛する市民有志が運営。その一人である同県いわき市の八木淳一さん(40)は振り返る。「原発事故の後、沿岸のアイナメから1キロ当たり何万ベクレルもの放射性セシウムが出た(国の基準値は1キロ当たり100ベクレル)というニュースが流れた。あれで、福島の海のイメージが『怖い』というまま止まってしまった感じですね」

 いま、福島の海は確実に回復傾向にある。沿岸漁業の通常操業はまだ自粛中だが、県は2011年4月から先月末までに、計4万検体近い魚介類の放射性セシウムを検査。15年4月以降に国の基準値を超えたものは一つもない。検体数はもっと少ないが、うみラボの調査結果も同じ傾向にある。

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. ベスト電器、企業として消滅へ ヤマダデンキが吸収合併 かつての家電業界トップ

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. メルケル首相がトランプ米大統領を擁護? 発言録をドイツ文学者が読み解く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです