連載

ハマりました。

毎日新聞デジタルの「ハマりました。」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

ハマりました。

「絶滅危惧種食堂」巡り 消えつつある姿に愛着

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「みんなが食べることに一生懸命になっている様子も好き」と話す柏木智帆さん=東京都渋谷区恵比寿の「めし処こづち」で、稲田佳代撮影
「みんなが食べることに一生懸命になっている様子も好き」と話す柏木智帆さん=東京都渋谷区恵比寿の「めし処こづち」で、稲田佳代撮影

 <くらしナビ ライフスタイル> 

 野菜炒め定食、カレーライス、肉豆腐--。壁にずらりと並んだ短冊と、決して洗練されてはいないたたずまい。そんな食事どころをひそかに「絶滅危惧種食堂」と呼び、足しげく通う女性がいる。

 フリーライターの柏木智帆さん(33)。行きつけの店に同行した。

 「目玉、硬め、ね」

 おしゃれな街のイメージが強い東京のJR恵比寿駅から徒歩1分。「めし処(どころ)こづち」ののれんをくぐると、店の女性が柏木さんに声をかけてきた。何度か目玉焼きを頼むうち、尋ねられるようになったという。「半年ぶりに来たのに」とうれしそうだ。

 洗い場、揚げ物、炒め物・焼き物に各1人と接客の計5人が、見事なチームワークで客をさばいていく。混んでいても2人連れは並んで座れるよう調整する。客も自ら席を詰め、余計な話はせず食べたら去る。

この記事は有料記事です。

残り994文字(全文1357文字)

あわせて読みたい

注目の特集