連載

月刊アマ野球

アマ野球について月に1回さまざまなトピックスを紹介します。

連載一覧

月刊アマ野球

明治神宮大会 大学の部準優勝 初陣・桜美林、躍進 好投手と活発な打線

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
桜美林大の準優勝に貢献したエース佐々木=小川昌宏撮影
桜美林大の準優勝に貢献したエース佐々木=小川昌宏撮影

 第47回明治神宮野球大会は11~16日、神宮球場で行われ、大学の部は柳(4年・横浜)、星(4年・宇都宮工)の二枚看板を擁する明大(東京六)が5年ぶりに秋の大学日本一に返り咲いた。6回目の優勝で、駒大、亜大(ともに東都)とともに5回で並んでいた最多優勝記録を更新した。4年生にとっては学生最後の大会。エース佐々木(4年・日野)が引っ張り、準優勝した初出場の桜美林大(関東第1)など話題のチームやドラフト指名選手の活躍ぶりを振り返る。【武藤佳正】

この記事は有料記事です。

残り1966文字(全文2188文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集