メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東アフリカ支援

地熱発電IoTで効率化 日本が先端技術

 【ウィーン三木幸治】日本政府が国連工業開発機関(UNIDO、本部ウィーン)と協力し、東アフリカ諸国で地熱発電設備をインターネットでつなぎ、生産効率の向上につなげる「モノのインターネット(IoT)」化に取り組むことが分かった。世界で初めての試みで、地熱発電の潜在力が高いこの地域で日本の先端技術を導入し、アフリカへの影響力を強める中国などに対抗したい考えだ。

 8月の第6回アフリカ開発会議(TICAD6)で、日本はアフリカの「質の高いインフラ作り」に3年で約100億ドル(約1兆円)の拠出を発表。日本の技術を使える地熱発電に力を入れると表明しており、今回はその第一歩となる。

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文833文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 武田真治、インフルエンザ感染 ミュージカル『パレード』当面休演

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 東京で新たに1592人の感染確認 日曜日では過去最多

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです