メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR鹿児島線

また架線トラブル 利用者ら怒りの声

JR水巻駅に停車した特急ソニック6号のパンタグラフ(左上)を調べる作業員=福岡県水巻町で2016年11月22日午前11時31分、矢頭智剛撮影

 22日午前、JR鹿児島線で架線が損傷し、小倉(北九州市小倉北区)-福間(福岡県福津市)間の下り線で約5時間にわたって運転を見合わせた。136本が運休するなど約6万5000人に影響が出た。

 午前7時50分ごろ、陣原(北九州市八幡西区)-赤間(同県宗像市)間の下り線で停電が発生し、同区間内の折尾(同区)-水巻(同県水巻町)間で架線が切れて垂れ下がっているのが見つかった。点検などのために小倉-福間間の運行を一時ストップした。鹿児島線では今月11日にも架線切断による運転見合わせで計約17万人に影響が出るトラブルがあったばかりで、利用者からは怒りの声が上がった。

 22日会見したJR九州によると、折尾付近で今月1日にグループ会社が実施した高架化工事で、列車が通る…

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文926文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に空いてなかった? 桜を見る会名簿廃棄「5月9日のシュレッダーの怪」を追う

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 「桜を見る会」の飲食物提供を毎年受注 ジェーシー・コムサはどんな会社なのか

  4. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  5. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです