メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎大

病原体研究施設の設置合意 エボラなどレベル4

BSL4施設の設置合意後に記者会見する田上富久・長崎市長(左)と中村法道・長崎県知事=長崎県庁で2016年11月22日午後5時6分、加藤小夜撮影

 長崎大が坂本キャンパス(長崎市)に設置を検討している最も危険度の高い病原体を研究する「バイオセーフティーレベル(BSL)4」施設について、長崎市と長崎県は22日、「安全対策などが確認できた」として設置に合意した。国内の同施設は2例目で、致死率が高い病原体の感染症の治療や予防を本格的に研究する施設としては初めて。

 長崎大のBSL4施設では、4段階の基準で最も危険度の高いエボラウイルスなどの病原体を持ち込み、感染…

この記事は有料記事です。

残り992文字(全文1199文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです