メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しあわせのトンボ

「勉強しなさい」=近藤勝重

 毎日小学生新聞の創刊80周年記念イベント「親子で学ぶ作文教室」が先週末、大阪で開かれ、「書く子は育つ」と題して文章についての話をいろいろさせてもらった。

 冒頭、お母さんらと一緒にやって来た約50人の子どもたちに「作文、好きですか、嫌いですか」と聞いてみた。およそ半々で、嫌いが圧倒的だろうと思っていたぼくには意外だった。「勉強はどうですか。好きだっていう人、いますか」とも聞いてみた。まず、いないだろうと思っての質問だったが、もじもじしながらも会場のあちらこちらで手が挙がっている。驚いた。でも、その感想は口にしにくい。

 思うところがあって、ボードに「勉」と大きく書き、こう聞いてみた。

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文900文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  5. 軽量タイヤホイール 熱可塑性カーボンで従来の半分 赤磐の板金加工会社が開発 数年後の量産化へ /岡山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです