メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

観光施設「秀緑」

誕生 坂東市が元老舗酒造を改修 /茨城

坂東市の観光交流センター「秀緑」としてよみがえった老舗「大塚酒造」の建物

 坂東市の観光と中心市街地活性化を図る市観光交流センター「秀緑(しゅうろく)」(同市岩井)が23日にオープンした。明治時代から続いた老舗で廃業となった「大塚酒造」の建物や土地を市が買い取り、同酒造の日本酒銘柄「秀緑」を施設名に残す形で改修。市のランドマークとしてよみがえらせた。

 国の文化財に登録された明治時代の建物は店舗兼主屋(案内所)と本蔵(多目的ホール)から成り、1895(明…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文478文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. 追跡 ジャパンライフに全財産投資 「どう生きていけば」 被害拡大防止「早く捜査を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです