メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

師弟で目指す2020

全日本実業団対抗女子駅伝/下 「量」より「質」、練習革命 森川賢一監督/ヤマダ電機の選手たち

竹地志帆(左から2人目)、西原加純(同3人目)らを指導する森川賢一監督(左端)

 高校、大学、実業団で指導者が変わることが当然の日本陸上界で、約10年と異例の長期指導で力を付けているのがヤマダ電機の選手たちだ。森川賢一監督(58)は、高校教員を経て、佛教大を全日本大学女子駅伝2連覇に導いた。2012年からヤマダ電機の監督になると大学の教え子らが集まり、駅伝日本一と五輪代表の誕生が手の届くところまで来ている。

 京都・桂高から10年以上、森川監督に指導を受ける森唯我(ゆいか)主将(28)は「しんどい、厳しいが…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 全政府統計の6割強不適切 プログラムミス、ルール違反、公表遅延など
  3. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  4. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  5. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです