メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外JOC竹田会長が退任表明 6月の任期満了で
干物店強盗殺人

元従業員に死刑判決…静岡地裁支部

「非人間的で残虐」

 静岡県伊東市の干物店で2012年12月、清水高子社長(当時59歳)ら2人を殺害し現金を奪ったとして、強盗殺人罪に問われた元従業員、肥田公明被告(64)の裁判員裁判で、静岡地裁沼津支部は24日、求刑通り死刑を言い渡した。斎藤千恵裁判長は「刃物で刺され致命的な重傷を負った被害者を、冷凍庫に閉じ込めた行為は非人間的で残虐。反省の情は皆無で、極刑はやむを得ない」と断じた。

 肥田被告は一貫して事件への関与を否認し無罪を主張していた。弁護側は判決を不服として控訴する方針。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 青森市議、今度は盗聴疑い 議員控室内をスマホで録音
  3. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選
  4. 「いだてん」ピエール瀧容疑者の代役は三宅弘城さん
  5. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです