メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石西礁湖

97%のサンゴが白化、5割超が死滅 沖縄

白化による死滅後、藻類に覆われて茶色く変色したサンゴ=沖縄県の「石西礁湖」で2016年10月4日撮影、環境省那覇自然環境事務所提供

石垣島と西表島の間 9月上旬までの高い海水温影響

 沖縄・石垣島と西表島の間にある国内最大のサンゴ礁「石西礁湖(せきせいしょうこ)」で97%のサンゴが白化し、5割超が死滅していることが、環境省那覇自然環境事務所が9~10月に実施した調査で分かった。7~8月の前回調査から大幅に悪化しており、同事務所は「9月上旬まで高い海水温が続いたことが影響した。死滅群体はさらに増えると予想され、厳しい状況だ」としている。

 調査は9月29日~10月4日に水深2~7メートルの35地点で実施した。前回調査(7月26日~8月17日)で89.6%だった白化率は97%にまで進行し、「全体が死滅した群体」も前回の5.4%から56.7%に増加。「全体が完全に白化している群体」は23.1%、「一部白化・一部死滅・全体的に色が薄い群体」は17.2%だった。

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文819文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 雪まつりスタッフも感染 北海道5例目、「市中感染」する段階に 新型肺炎

  2. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  3. 橋本五輪相 聖火リレー「体調不良の方は沿道来ないで」 新型肺炎

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. WHO「致死率を考慮すると想定内」 クルーズ船2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです