メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

HIV感染

郵送検査が急増 精度向上など提言へ

HIV検査数などの推移

厚労省研究班

 エイズウイルス(HIV)の感染を調べる民間事業者による郵送検査数が急増し、需要が高まっているのを受け、厚労省研究班が検査の精度向上やプライバシー保護など態勢整備を今年度内に提言することがわかった。背景には保健所など公的機関での検査数が減少する一方、新規のHIV感染者・エイズ患者の約3割が感染を知らないままエイズを発症している深刻な事情がある。

 提言するのは公益財団法人エイズ予防財団理事長で東京医療保健大の木村哲学長らの研究グループ。厚労省の…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  2. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  3. 首相、トランプ氏「令和初国賓」にこだわり 大相撲観戦アイデアも
  4. トランプ氏大相撲へ 千秋楽で急須と湯飲みが使えなくなる?
  5. トランプ大統領来日、警備に頭悩ませる警視庁 ドローンだけでなく「座布団対策」も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです