メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

続報真相 今なぜ「副業解禁」か 大手企業にも容認の動き

政府の働き方改革実現会議でも副業の議論が始まった。どこまで制度改革できるのか……=首相官邸で2016年10月24日、竹内紀臣撮影

「解禁」宣言、「専業禁止」打ち出す企業も/「個の自立」が会社の成長の原動力に

 隠れてするものだと思い込んでいないか。「副業」のことだ。大半の企業は禁じているが、「副業解禁」を公然と打ち出す製薬会社が現れるなど、容認の動きがじわじわ広がっている。政府も「働き方改革」の一環として、推進に向けた議論を始めた。なぜ今、副業なのか。日本に根付いていくのだろうか。【宇田川恵】

この記事は有料記事です。

残り3394文字(全文3577文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです