メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MAINICHI芸術食堂

映画「ブルーに生まれついて」 復活への執念切なく /愛知

 酔いしれる映画だ。ジャズに、純愛に、チェット・ベイカーに。彼のように麻薬にまで溺れるわけにはいかないが、その人生にしばし寄り添いたい。

 「ブルーに生まれついて」は1950年代に時代の寵児(ちょうじ)となった白人ジャズトランぺッターの半生を、「トレーニングデイ」「6才のボクが、大人になるまで。」のイーサン・ホーク主演で描いたヒューマン・ドラマだ。

 トランペットの唯一無比な音色と甘い歌声、端正な顔立ちで“ジャズ界のジェームズ・ディーン”とも称され…

この記事は有料記事です。

残り738文字(全文962文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです