メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧州選挙イヤー

トランプ時代 勢い増す排斥主義

 米大統領選で国民の不満や不安を取り込んだドナルド・トランプ氏(70)が勝利し、ポピュリズム(大衆迎合主義)が国際政治の潮流となったことを決定付けた。年末から来年にかけて国政選挙が相次ぐ欧州連合(EU)諸国では、排斥主義を掲げる極右勢力が勢いづいている。「トランプ・ショック」は止まらない。

 ◆米国第一主義、訴え 次期大統領 トランプ氏(70)=米国

この記事は有料記事です。

残り3177文字(全文3352文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに5759人の感染確認 重症者972人、14日連続で過去最多

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  4. 菅首相、異例のステイホーム 就任後初めて宿舎から外出せず

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです