メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうする?長時間労働

/上 「残業=やる気」視野奪い

労働基準法違反で強制捜査を受けた電通本社。日本の働き方を変革する契機になるのか=東京都港区で、後藤由耶撮影

 電通の新入社員が過労自殺した問題は強制捜査にまで発展し、社会に大きな波紋を広げている。政府は労働時間削減を含む「働き方改革」に取り組むが、日本人の長時間労働は本当になくせるのか? 長時間労働が常態化する労働の現場から、今後の働き方を考える。

 「心がつぶれるのが先か、体がつぶれるのが先か」

 2012年1月、電通のグループ会社で働いていた30代の女性は、涙ながらに上司に異動を願い出た。

 営業として深夜まで残業する毎日。午後5時半の定時間際に始まったクライアントとの会議で新たな提案を求…

この記事は有料記事です。

残り1432文字(全文1675文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
  5. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです